カードローンが始まったころは店頭窓口で担当者と面談しながらフリーローンの申し込みをしていたのが、自動契約機の出現で人と顔をあわせずに申し込みができることから利用者が増えたようですが、最近はインターネットを使ったインターネットキャッシングが主流になりつつあり、インターネットキャッシングはその名のとおりインターネットを使ってキャッシングをすることで、ほとんどのキャッシング会社がおこなっています。

インターネットキャッシングの方法は、パソコンやスマートフォン、携帯電話をつかいインターネットが利用できる環境であれば24時間どこからでも申し込みができるといった、昼間時間が取れない人ややすみは土日祝日だけといった忙しいかたにも人気がある申込方法です。

申込方法は多少違いもありますが、キャシング会社のホームページにアクセスすると「スマホ完結」「web完結」などといったアイコンからはいり申込書を記入し、送信すると仮審査の結果が画面やメール、電話などに連絡がはいり、契約内容を確認し、内容に間違いがなければ本人確認書類を携帯カメラなどをつかって画像保存したものをメールに添付して送信すると本審査がはじまり、審査が終われば自分の口座へ振り込まれるので現金が必要なときは自分のキャッシュカードを使ってお金を引き出せます。

返済も口座振り込みや自動引き落としを使えば、返済の為にATMなどに出かけることもなく、インターネットキャッシングは申込から返済までインターネットでおこなえるといった便利なサービスといえます。

by | Categories: お金 | No Comments

サラリーマンとはいっても全ての方が高額な給料になっていることはありません。
サラリーマンとして働いているときには安心できるだけの基本給があり、年収も300万円を下回ることはほとんどないとは言われています。
しかし、この時代です。
全ての方が安定した給料を受け取っているわけではなく、月によって給料が安定しないこともあるでしょう。
それによって非課税世帯になっていることもあるかもしれません。

収入証明が必要になる行政のキャッシング、というよりも融資制度があります。
非課税世帯など低所得の場合に利用できる融資です。
連帯保証人が必要になりますが、金利はありません。
借り入れた金額だけを返済すればいいものであり返済期間が長くなっています。
融資できる項目には違いがありそれによって限度となる金額も金額や返済期間が変わってきますが、何よりも無金利で借り入れができるのは有難いことです。
金利がありませんので支払う利息はありません。
連帯保証人は原則ではあるものの絶対ではありません。
連帯保証人を付けることができないときには金利が発生します。
それでも金利は1.5%になりますので、これは銀行で最大限度額を借り入れた際の適用金利よりもまだ低いものとなります。
社会保険事務所で申し込みができます。

行政で行われている生活福祉資金貸付制度を利用できるのはこんな方になります。
・収入が低く非課税世帯である方
・一般的な業者の金利では生活に支障をきたす方