借入をうまく返済していくには

1月 20, 2015

返済計画

借りたものを返す。なんであってもそうですが、借入の場合はこれがかなり重くのしかかります。

お金は生活していくうえで必要不可欠であり、きちんと管理していても何かの拍子で大きな出費が出来てしまうことがあります。

貯金の範囲内で工面できるのであれば一時的に懐は寂しくなっても持ち直すことは簡単です。しかしそうでない場合どこかからお金を借りなければならなくなります。

借りたらそれで終わり、とはなりません。借りた分に加え、利息も支払っていかなくてはなりません。

つまり借りた以上のものを返済していく必要があるのです。借金を分割で支払っていくとはいえ、自分が負担できなかったもの以上の金額を毎月一定額ずつ支払っていくのは、大きなストレスになります。

返済していくストレスというのをなくすことは出来ませんが、きちんとした返済プランを立てることである程度軽減させることはできます。

余裕を持った返済計画を立てる

借入に申し込む前にまず自分の支出と収入を把握し、月々にいくらまでを返済にまわせるか、余計な出費を抑えて節約できる箇所はないか調べることです。このときギリギリの金額で計算するのではなく、できるだけ余裕を持たせて考えましょう。

ギリギリで計算していると、何かあったときに対処できなくなり返済が出来なくなることがあります。最低でも1万円程度貯金できるような状態は保てるようにしましょう。

借り入れる金額も自分が返済していけると思った金額以上のものは借りないようにしましょう。大きな金額を借りれば借りるほど利息負担は増します。

融資額が上がるにつれて金利が低くなることもありますが、最初の借り入れでは低い金利で融資してもらえることはないので当てにしてはいけません。

そのため100万円以下であるならそれぞれの金融業者が設定している最高金利を、100万円以上の場合は金利15%が適応されると考えて計算しておくと良いでしょう。

返済のことは借り入れる前から考えておくことが大事です。必ず計画通りにできるわけではなくてもある程度の指針があれば失敗を防ぎやすくなりますし、余裕を持たせておけばうまくいかないと感じたときに返済プランを立て直しやすくなります。

そして何より計画通りに返済していけるよう自己管理はしっかり行ないましょう。

by | Categories: ローン | Tagged: |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.