収入証明が必要になる行政のキャッシング

5月 30, 2014

サラリーマンとはいっても全ての方が高額な給料になっていることはありません。
サラリーマンとして働いているときには安心できるだけの基本給があり、年収も300万円を下回ることはほとんどないとは言われています。
しかし、この時代です。
全ての方が安定した給料を受け取っているわけではなく、月によって給料が安定しないこともあるでしょう。
それによって非課税世帯になっていることもあるかもしれません。

収入証明が必要になる行政のキャッシング、というよりも融資制度があります。
非課税世帯など低所得の場合に利用できる融資です。
連帯保証人が必要になりますが、金利はありません。
借り入れた金額だけを返済すればいいものであり返済期間が長くなっています。
融資できる項目には違いがありそれによって限度となる金額も金額や返済期間が変わってきますが、何よりも無金利で借り入れができるのは有難いことです。
金利がありませんので支払う利息はありません。
連帯保証人は原則ではあるものの絶対ではありません。
連帯保証人を付けることができないときには金利が発生します。
それでも金利は1.5%になりますので、これは銀行で最大限度額を借り入れた際の適用金利よりもまだ低いものとなります。
社会保険事務所で申し込みができます。

行政で行われている生活福祉資金貸付制度を利用できるのはこんな方になります。
・収入が低く非課税世帯である方
・一般的な業者の金利では生活に支障をきたす方

by | Categories: キャッシング |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.