主婦がお金借りるならお金を借りたいという理由に家族の急な病気やけが、一時的な生活費の立て替えや、自分のための買い物や旅行に行くために利用するなど使い道はさまざまでひとによって違いがあると思いますが、そんな場合キャッシングの利用もひとつの方法です。
キャッシングは誰でも簡単に融資が受けられることから人気がありますが、主婦がキャッシングをするときは兼業主婦と専業主婦で利用のしかたが違ってきます。
キャッシングの利用条件として銀行でも消費者金融でも「安定した収入のあるかた」が条件になっていますが、とくに消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限を受けるため、パートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦はパート代やアルバイト代も安定した収入と認められるので年収の3分の1以内の範囲で消費者金融を利用できますが、年収がない専業主婦は利用できません。
では子育てに忙しくてパートやアルバイトに出たくても出られない専業主婦はキャッシングができないのかといえばそうでもなく、銀行カードローンを利用できます。
銀行カードローンは銀行法のもとで事業をおこなっているので貸金業法の影響は受けないため、年収による制限はなく、銀行の審査に通れば専業主婦でもカードローンを利用でき、銀行の商品として専業主婦専用のカードローンをそろえているところもあります。銀行カードローンは金利も低く、お金を借りるにしても銀行で借りているという安心感もあるので専業主婦にとってはうってつけの商品といえます。