現代では、お金を借りる方法は結構いろいろありますよね。借金をするというと、イメージが悪いですが、キャッシングと言えば、そんなに聞こえは悪くありません。
キャッシングするのも、クレジットカードからすれば、借金というイメージはあんまり湧きません。おなじキャッシングでも消費者金融からする、というと借金的なイメージが強くなります。
その違いって何なのでしょうか。
そもそも、クレジットカードですが、これはショッピングの一時的な肩代わりとして使われます。しかも、一括で返せば利子はつきませんし、現金の持ち合わせがない時や、小銭を払うのが面倒な時にもスマートに買い物ができ、非常に便利です。
このカードの機能におまけ的についているのが、キャッシング機能です。あくまでもショッピング用に使われているカードですので、借金をするというイメージがないのかもしれません。
一方、消費者金融に関しては、お金を借りることがメインです。そこにカードを作る必要があるというのは、お金を借りる目的以外はありません。だから、借金をしているというイメージが強くなるのでしょう。
また、お金を借りるだけが目的のキャッシング業者の中でも、消費者金融系や銀行系など細かく見ると系列に違いがあります。

お互い個人融資する業者という点では同じですが、掲げている法律が違います。
消費者金融系は貸金業法、銀行系は銀行法となっています。
規制される法律がちがうと、借入額などにも違いがでてきます。
細かく調べてみると面白いですね。